徹底する

近年において、予防歯科の重要性が少しずつ高まってきています。予防歯科とは虫歯が出来る前に出来る限りのセルフケアを行うことです。それに関するアドバイスは歯科医や歯科衛生士から貰う事が出来ます。通常、歯医者には予防歯科コースが設けられている事が一般的です。その内容はブラッシング中心のもので、費用は1000円前後というのが相場と言えるでしょう。フッ素塗布の場合は2000円から3000円といったところが大体の目安の金額になります。歯の状態は歯並びなどの良し悪しによって1人1人異なるため、その人に合ったアドバイスやブラッシング方法をケアしてもらえます。日々のセルフケアを心がけることで、歯を健康に保つことが出来るのです。

虫歯ができる原因の大半が歯垢によるものです。歯垢とは歯の表面に付着して増殖を繰り返す細菌のかたまりです。その数は1mgあたりに3億個とも言われていて、虫歯の他に歯周病や口臭の直接的な原因になる存在です。日々のブラッシングでは少なからず歯垢のみがき残しが生じてしまいます。歯垢が残りやすい場所は主に歯と歯の間や奥歯のかみ合わせ部分です。また、歯と歯茎の境目の部分にも比較的のこりやすいです。歯ブラシだけでは全ての歯垢を除去するのはほぼ不可能であるため、フロスや歯間ブラシとの併用が推奨されています。これらを使うことによって、歯垢除去の効率性は歯ブラシだけの時の比べて1.5倍ほどに上昇するのです。またマウスウォッシュも効果が高いです。