再生される

再生医療が切り拓く新しい医療技術について関心が高まっている世の中ですが、一方未だ失われた人間の歯を再生させる技術は開発されていません。大切な歯を失ってしまった場合、現在私達が考えられる治療方法はブリッジや部分入れ歯などが存在しています。一方「歯の再生」と遜色ないほど、適切に失われた歯を取り戻す事ができる治療方法と言えばインプラントが挙げられます。インプラント手術を行なえば通常の歯と同じように物が噛めるだけでなく、取り外さないで良い歯を再び獲得する事ができるのです。インプラント治療は、通常一本32万円ほどの費用がかかると言われています。上の歯全体をインプラントにする場合、約170万円〜190万円、下の歯では約120万円〜150万円ほどかかりますので覚えておきましょう。

現代に続く実用性の高いインプラントは、比較的近年に入ってから生み出された事が分かっています。1980年代から欧米で徐々に普及しましたので、インプラントは現代的な技術なのです。一方失われた歯を人工歯根によって取り戻すと言う着想は、古代ローマ時代から既に存在していました。現在あるインプラント技術のように安全性の高い方法ではありませんでしたが、実際にインプラント手術も行なわれていたのです。審美的にも毎日の食事も、歯が私達の生活にとって欠かせないパーツである事は普遍的な事実です。従って、インプラント治療を行なって失われた歯を取り戻したいと言う願望はいつの時代も人類の中に存在しているのです。そうした技術が実用化されている時代に生きる私達はとても恵まれていると言えます。